私は編集が早いと言われます。

基本的には納期前に納品するようにしています。
場合によってはそのあとに修正を重ねていきます。

特に能力が優れているのではなく、
ちょっとしたコツがあります。

なぜか毎回納期を落とす人、
なぜか毎回完成まで至らない人はどうぞ。

1.初日にとりあえず完成させよう

中学の頃に、
長距離走が抜群に早い女の子が友達にいて、
彼女がよく言っていたのが、

「最初に一番飛ばさないと力を出し切れない」

という言葉です。

素材がそろって、
あとはやるだけだとなったら、
まずはクオリティのことは考えずに、

とにかく完成させることだけを考えて突っ走ります。

設計ができていれば、
手を動かすだけで、完成には持っていけます。

作業が遅い人のほとんどが、

「完成をイメージできずにただ手を動かしている」

「動きが気に入らなくて同じところで修正を重ねてしまう」

「時間をかければいいものができると思っている」

と思って仕事をしています。
ドツボにハマります。

正直、
ここが仕事にできるかできないかの境目だと思っています。

全部間違っています。

特にディレクター職に将来つきたいと思っている方は、
クオリティの前に完成していなければ論外です。

どんなに初稿の完成度が低くても、
最後まで動きをつけることを目的にしてまずは作ります。

あとは残りの時間を使ってブラッシュアップしていけばいいです。
全体が見えないと辛くなっていくだけです。

2.納期が迫ると精神的余裕がなくなる

個人制作の趣味ならいくら時間をかけてもいいのですが、
(個人的には時間はあんまり関係ないと思いますが)
MVとかリリース時期が決まっているものを撮影するとなると、
納期を落としてしまったら全体のスケジュールに影響します。

デッドライン間際に仕事をすると、
焦りからミスも増えます。

精神衛生上よくない。

そのためには納期から逆算して、
ブラッシュアップをじっくり行う。
こだわるのはそこから。

これじゃないと危なくてやってられません。

先方のスケジュール上、
どうしても納期が短くなってしまう場合は仕方がありませんが、
スタートダッシュで出し切ることを意識してみてください。

コメントなし

コメントを残す

CAPTCHA