【works】

NEW WORK


IKI 協同組合簡易宿所健全化機構さま CI制作

|ネーミングフィロソフィー

Inbound Keeled Inter-organizationとは造語で、
この組み合わせの英語は存在しません。

しかし、
・オリンピックに向けての海外需要の受け皿(Inbound)
・志をともにする仲間の船の竜骨でありたいという想い(Keeled)
・そして、水平的な関係性を構築できるプラットホームとして機能する(Inter-organization)

からこちらの愛称をご提案させていただきました。

IKIとは

・地域、土地を現す「域(field)」
・土地活用方法をリノベーションすることで、すでにあるものを「活かす」意味での「活き」。
・そしてなにより、日本人が世界に誇る価値観である「粋」

の掛詞となっています。

|ビジュアルフィロソフィー

◆白銀比を取り入れた、「もったいない」「無駄がない」。

日本人が古来より取り入れた比率が、白銀比です。
国内では法隆寺など、建築物に多く見受けられる比率で、
もともとは丸太を無駄がなく切りとれるカタチが正方形であることから、
「もったいない」「無駄がない」を意味する比率となりました。
西洋の黄金比が、「装飾」「華美」「動的」を表すのに対して、
白銀比は、「実用」「簡素」「静的」をあらわし、
推進する簡易宿所ビジネスのモデルを表現します。

◆粋の象徴。

日本では縦縞は粋の象徴とされ、決して交わらない二本の線が並ぶ模様は、自立した人間を意味します。
また、色彩には和の伝統色である「錆鼠」「月白」を使用し、
わび・さびといった、「時間の経過とともに洗練されて価値が増す」ことを表現しています。

◆富士山を支える日本の柱。

ロゴの両端にあるIの文字は、柱を意味しています。
日本の柱はそれぞれ、

・富士山を支える日本の土地活用を支える。
・富士山の頂点に位置するハイエンドな機構。

の二つを意味します。