これは先輩の商売人に教えてもらった言葉。
すごく的確だなあと思った記憶がある。

売り上げっていうとなんだか小難しいかもしれないけど、
要するに、

「いきなりお金を儲けようとしても、誰もくれないよ」

っていう当たり前のお話。

たとえば、
僕がイベントとか、比較的安価な価格帯の作品を出すときって、
はっきりいってそれ単体でみると赤字。

もっとスケールが大きい話でいくと、
先日ヴィトンの展示会にいったんだけど、
あれもほぼ無料だった。

どう考えても数千万くらいの経費はかかっている。

それは大きいブランドだからできることなのかもしれないけど、
個人や小規模な団体で考えても同じ。

たとえば、
3000円とか5000円を出す余裕がない人は、
おそらく告知の情報すら届かないと思う。
 
そうだとしたら、
生活自体が困難なので、
別の方法でアプローチしてあげないといけないよね。

僕は商売柄、いろんなイベントにお誘いいただいているけど、
可能な限りちゃんとお金を払って行くようにしている。
(しかも、たいていのイベントは、
赤字で構成されているので、元なんか余裕でとれる

もちろんタダでどうぞ、と言ってもらえることは嬉しいし、
そういう方にはちゃんと別の方法で恩返しできないとな、
とは思うんだけど、

何より先に、
まずは自分がお金を払う、ってことがとっても大切だと思う。
 
もちろん実際には、
そのお金は経費で消えちゃうんだけど、
現場で頑張っている職人さんやクリエイターにはいくらか入る。

僕は現場上がりだし、
そういう現場の人たちにちゃんと借りは返したい。

顧客との信頼関係が〜とか、
ロイヤリティが〜とか、
そういう理屈もいいんだけど、

頑張ってる人にちゃんとお金を払いたいって思うのはすごく自然なことだし、
逆にいうと、
いきなり利益を出そうとしたってうまくいくはずがない。

これが発信するときと請け負うときでまた話は変わるんだけど、
とにかく売り上げを出すってことをまずやってほしいんだよね。
利益はそのあとについてくるし。

焦ったりしてもいいことないよ。

写真は先日ロケハンしてきた竜宮窟。
上からみるとハートマークになっている。
奇跡的な場所だなあ。
※女性のための美活の新提案、もうすぐ締め切ります。
もちろん赤字ですが、まだの方はこちらからどーぞ!

コメントなし

コメントを残す

CAPTCHA