映像業界において、

実写ができるなんていうのは、
これはもう本当に差別化が難しくなってきています。

要は素人でも、「っぽい」映像は簡単に作れちゃう。

もちろんカット失敗してるとか、構図とか、演出論とか、構成とか、
いろいろここにもノウハウはあるんだけど。

それは価値としてお客さんに提供しづらい。
これからますます単価は下がると思います。
てかみんなで下げてるのが現状。

ちょーデフレです。笑
安くやる人がいるからね。そこに文句行っても仕方がない。

で。

それに比べるとCGはまだギリギリレアカードとして

残れる可能性があるとぼくは思っています。3Dとかは特にそう。
(本当は必須スキルなんだけど)

レアカードっていうのは、価値を提供しやすいスキルってこと。

ですが、残念なことに、
CGクリエイターはいわゆる「コミュ障」ってレッテルを貼られてしまう人が多い。。。。。

これはある種仕方ないと思います。。。
CGはやったことある人ならわかりますが、
プログラマー的な考え方を必要とする理系の職人芸。

技術をつけるためにはひたすらソフトとにらめっこ。
そして技術っていうのは永久に完成することはないので

生涯にわたってソフトとにらめっこ。
twitterでもCGクリエイターで顔出ししてる人はほとんど見かけません。
で、いざ会ってみると、

「これは人を紹介できないな」

って人も多い。てかそれがほとんど。

でもそれじゃ人とつながれない。

っていうのが結構多いみたいです。

こういう人は、

レアカードを「伏せてる」状態。

頭の中が知識だけで埋まっているので、
営業メソッドとか対人コミュニケーション術とか、
そういう頭で考える系に走っても絶対変わらないから、
技術は追求しつつも、

とにかくまずは人に会いまくってほしいです。

で、誰とあってもビビらないようになること。

行ったことがない居酒屋で店員さんとできるだけ話すとか(うざいけど)

もうそれしかないと思うんだよなあ。

コメントなし

コメントを残す

CAPTCHA