プロフィール

渡邊 勇介

ブランディングプロデューサー。コピーライター。 

立教大学法学部中退。

大学時代に舞台制作に没頭。そのまま大学を中退し、舞台制作の現場で、映像制作のキャリアをスタート。

2011年に、そのまま映像クリエイター、デザイナーとして企業のWEB PR用動画を制作する傍、
WEB 領域における、youtube その他のメディアを使ったコンテンツ(映像)マーケティングの仕事を請け負う。

PR戦略に興味をもち、クリエイティブの提供+プロモーション戦略のセットでクライアントにソリューション提供をする範囲にまで活動を拡大する。

2016 年からは、
「コンテンツ=人間のなかにうまっている価値=理念」と再定義し、

個人・法人のブランド価値を高める活動にシフト。
それまでに培った制作のノウハウ、プロモーションのノウハウを総動員して、出版、デザイン、
その他のプロダクト構築を加速させる活動を行うなど、活動を展開。

プロデューサーとしてブランドビジネス、プロデュース業を始める。

・政治活動家
・医療系社団法人代表
・ハワイリゾートオーナー
・京都のハイブランドオーナー
・金融アドバイザー
・人材育成系コンサルタント
・芸能・業界人向けダンススタジオオーナー
・フード・エデュケーター
・マーケティングコンサルタント
・出版プロデューサー
・ダンサー

など、アドバイス、クリエイティブの提案、ビジネスモデルの構築など案件を多数受け持つ。

また、2017年よりコピーライターとしての活動を本格化し、

大手百貨店の会報誌をライターとして担当し、さらに活動領域を拡大。

ライターとしては、年に一回は必ず小説をかきあげる。

ブランド名のKAMAILEONとは、ギリシャ語で「小さなライオン」を意味する。カメレオンのように変幻自在に擬態、クライアントに合わせてブランドメイキングをコーディネートし、「個」の力にレバレッジをかけることで、パーソナルビジネスを生み出すことを理念としている。

現在は、
各種業界団体の社外CMO、CBOとして戦略構築、事業構築を提案、実行に関してはクリエイティブディレクターとして請け負い、
「最小単位のプロデュース」をモットーに、
短期・および長期のプロデュース、
プロモーションをコストパフォーマンスを最大限に重視して活動中。

趣味ストリートダンス、小説執筆。好きな作家はレイモンド・チャンドラー。

書籍

comming soon.