クリエイターになって商売を始めると、
まずぶち当たるのが、

スピードの壁。

仕事としてやるなら納期は絶対ですし、

趣味でやる場合であっても、
リミットを決めないとなかなか完成に至りませんよね。

駆け出しの頃はぼくも、
「もっと時間くれよぉ〜」

「あと一週間あったらもっといいもんができたのに〜」

とか、寝ぼけたことを言っていました。

多くの人が勘違いしていると思うのですが、
納期が一ヶ月でも三日でも、
最大出力で出した作品のクオリティって、
最初のころは変わりません。

矛盾してないんですよね。
スピード早い人は技術もすごい。

これにはちゃんと裏付けがあって、
例外なく技術が達者な人は作業スピードが速いですし、

納期が決まっている以上、
そのうちにどれだけスピードを上げられるかが、
最終的なクオリティを決めてしまいます。

「時間が足りない!」
「納期もっとくれ!」
「じっくりやりたい!」

 

とか言っているうちはいつまでもクオリティは上がりません。

有名な作家、
スティーブン・キングも、

とにかくスピードがモノをいうと説いています。

まだ作品を作り始めの方や、
アマチュアの方は、
ソフトのショートカットでもいいですし、
全体を通してみたときの効率について意識して作業してください。

コメントなし

コメントを残す

CAPTCHA